レンボンガン島&チュニガン島をバイクで探検

|インドネシア海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

インドネシア

2014年1月 6日
カテゴリー:アジア | インドネシア

レンボンガン島&チュニガン島をバイクで探検

皆さま明けましておめでとうございます。
バリ島は湿度が高く南国らしい暑い日が続いています。
今年も旬なバリ情報を発信していきますのでよろしくお願いします。
 
以前のブログでも紹介しましたが、
サヌールから高速船で30分で行けるレンボンガン島は
クルーズツアーやシュノーケリング、サーファーに人気の島です。
 
bali_20140101_01.jpg
 
どちらかというとビーチアクティビティの島というイメージがありますが、
レンボガン島は海が綺麗なだけでなく、素朴な田舎の村と、
ワイルドな自然、喧騒から離れたリゾートが同居する、
上陸してこそ魅力が分かる島なんです!
 
今までは自分でボートの手配をするのが難しかったため、
パッケージツアーや日帰りクルーズで訪れるのが主流でしたが、
最近はボート会社のホームページから直接予約できるようになり、
レンボガン島で自由に島時間を過ごすのが人気です。
 
そんな訳で、今回はレンボガン島を自分の足で楽しんで来ました。
 
bali_20140101_02.jpg
 
家からの送迎+スピードボートを申込み、9時ごろスランガン島から出発。
ボートを乗り降りする時には膝下まで海水に浸かるのでハーフパンツやショートパンツがおすすめ。
 
9時40分ごろレンボンガン島のジュングバトゥ村に到着。
まずは朝ごはんを!という事で、船着き場の前にあるローカル食堂でナシチャンプル。
 
bali_20140101_03.jpg
 
ここのナシチャンプルは見た目は質素ですが、魚やエビが入っててすっごく美味しい。
そしてサンバルがめちゃ辛いんです。はふはふ言いながら完食、15,000ルピア!
 
その後、Rental Bike と書いてあるお店でバイクをレンタル、料金は1日80,000ルピアです。
 
bali_20140101_04.jpg
 
ただし、バイクにはヘルメットも保険も無いので怪我のないように注意して下さいね。
レンボガン島内の交通はバイクがメインでレンタカーはトラックが10数台あるのみです。
 
バイクに乗って村の中をジャランジャラン。
すぐに道を覚えられる小さな村です。迷ったらとりあえず海に出れば大丈夫。
 
bali_20140101_05.jpg
 
ジュングバトゥ村を出てレンボンガン村へ向かう途中、素敵なビューポイントを見つけました。
隣のレストランでこの眺めを見ながらモーニングビール!
 
bali_20140101_06.jpg
 
レンボンガン村を抜けて黄色いつり橋へ。ここからチュニガン島に渡れるんです!
バイク1台しか通れない幅なので、片方が渡っているときは片方は待っているという決まり。
100mの橋をガタガタ言いながら渡って行きます。
 
bali_20140101_07.jpg
 
チュニガン島はレンボンガン島よりさらに田舎で、海沿いの道にバンガローやレストランが数軒ある程度。
気が向くままにあちこち寄り道しながら走ってみたら・・ こんな所に何があるの?という砂利道の奥に、
素敵なリゾートがありました!
 
bali_20140101_08.jpg
 
オーシャンビューのバンガロー&レストラン。レトロなバーからは素晴らしい眺め!
 
bali_20140101_09.jpg
 
この田舎の中にこんな場所が突然現れるなんてすごいギャップです。
この場所がすっかり気に入ったので、セカンドビールで祝杯をあげながら、
プールやソファーでのんびり過ごしました。
 
島での滞在時間は6時間弱でしたが、あちこち周って、泳いで、すっかり満喫。
そしてレンボガン島の夜も楽しい!という噂なので、今度は泊まりで行ってきたいと思います。
 
皆さんもレンボガン島に上陸してみてください!
それでは次回まで、サンパイジュンパ。
 
 
 
バリ島行きのツアーをお探しの方はこちらから
バリ島行きの航空券をお探しの方はこちらから

============================================================
現地記者:コニちゃん
バリ島在住のAB型ウェブ女子。ギリギリ20代
============================================================

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。
アジア
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

レンボンガン島&チュニガン島をバイクで探検|インドネシア海外現地情報ブログ|阪急交通社