南部アフリカ感動体験10日間 現地視察レポート【後編】

|アフリカ海外現地情報ブログ|阪急交通社

現地情報 イメージ画像

アフリカ

2012年6月20日
カテゴリー:アフリカ

南部アフリカ感動体験10日間 現地視察レポート【後編】

南部アフリカ感動体験10日間pencil 【コースNo:E604】
現地視察レポート(2012年4月13日~22日) 【】かっかか閣下   かこk~か【後編】

前編をご覧いただいてない方はこちらから>>


■6日目 “世界遺産「スタークフォンテン洞窟」”観光
 
ヨハネスブルグの近郊35kmほどの場所にある1896年に発見された洞窟で、
一躍有名になったのは1947年、類人猿アウストラロピテクスの約200万年前の頭蓋骨の化石を
発見されてからで、1999年に世界文化遺産に登録されたdiamond

ビジターセンターで出土した化石が展示されており、洞窟見学前にそれらを見ることができます。
洞窟の中は所によってかがんで通る狭いところもあり、想像以上に暗いので懐中電灯、
出来れば頭に装着するライトflairがあると便利です。

■ライオンパーク  
ヨハネスブルグ近郊25km。車の中から動物を見るサファリパークのようなもの。
チョベ国立公園でははっきり見ることが出来なかったライオンや珍しいホワイトタイガー、
チーター、シマウマ、キリンshineそれにハイライトは、なんといっても、子ライオンとのふれあいheart04
皆さん童心にかえって楽しんでいらっしゃいましたbleah

CIMG2580.jpgCIMG2592.jpgCIMG2576.jpg

■旧黒人居住区ソウェト観光 
アパルトヘイト時代の旧黒人居住区は「タウンシップ」と呼ばれています。
アパルトヘイト撤廃後は黒人が居住区以外にも住むことが許されましたが、
いまだ以前と変わらぬ暮らしをしている人が多いといいます。

そのタウンシップの中でも南アフリカ最大規模なのが「ソウェト(south west townshipの略)」
南アフリカの大英雄ネルソン・マンデラ氏の住んでいた家を見学、
また、1976年アパルトヘイトの存在が世界的に問題視されたきっかけの事件
(死者700人、負傷者4、000人)となった反アパルトヘイト暴動の様子と
当時の現実を伝える歴史博物館「ヘクターピーターソン博物館」も見学します。
街を楽しそうに歩く子供たちの笑顔がとても印象的でしたshine

■7日目 “世界遺産「ロベン島」”観光 
港からボートで約30分のところにある「ロベン島」は、
アパルトヘイト時代の黒人専用の刑務所島でマンデラ氏も27年間収容されていました。
1996年に閉鎖されるまでの約30年間で3、000人もの政治犯が収容されたそうです。
現在は、島全体が博物館となっており、島内を元囚人の方が案内してくれますdash

■テーブルマウンテン観光 
ケープタウンの象徴的存在である“テーブルマウンテン”fuji
海抜1087mの岩盤で出来た山の頂上へは、約5分でゆっくり回転しながら登るロープウェイであがります。

その頂上からの眺めは素晴らしく、ケープタウン市街はもちろん、
テーブル湾、ライオンズヘッド、デビルズピークなど山も見え絶景ですhappy02

CIMG2654.jpg CIMG2656.jpg

■8日目 ドイカー島遊覧クルーズ
ピーク時には約5、000頭のオットセイが集まるドイカー島を船上から見学しますship

CIMG2669.jpg CIMG2675.jpg

■ボルダーズビーチ
ジャッカスペンギンと呼ばれる体長60cm
ほどの小さなペンギンが生息しているビーチpenguin
群れのいるビーチまでは遊歩道があり、途中巣穴もあって、歩いているペンギンを間近で見ることも出来ますlovely
あまりの可愛さにお客様は何枚もシャッターをきっていましたcamerashine

■“世界遺産「カーズテンボッシュ植物園」”
テーブルマウンテンの斜面に広がる本格的な植物園bud
南アフリカ固有の樹木や植物が中心で、国花であるプロテアやエリカなど美しい花が見られ、
初めて見る姿かたちの植物も多く見ることができますscissors

ケープタウンの花の最盛期は9月頃で、さらにきれいな植物に出会うことができますtulip

CIMG2687.jpg

■「喜望峰」「ケープポイント」観光
誰もが授業で習った覚えのある喜望峰typhoon
知名度の高さからアフリカ最南端と思われがちですが、実は最南西端で、
最南端はケープ半島を150kmほど南下したケープアグラスですflair

「アフリカ大陸の最南西端喜望峰」の記念碑が建っています。その後、灯台のあるケープポイントへcat

CIMG2729.jpg


*。:-*.。+*。:-*.。+*。:.。+*。:-*.。+*。:-*.。+*。:*。:-*.。+*。:
[花の季節tulip]


例年10月中旬~11月上旬には、南アフリカに春の季節を告げる“ジャカランダの花”が咲き乱れますshine

ジャカランダの花は「アフリカの桜」とも呼ばれ、ケープタウン近郊のプレトリアの町には、
7万本が植えられていてその光景は圧巻ですlovelygood

Jacaranda.jpg

*。:-
*.。+*。:-*.。+*。:.。+*。:-*.。+*。:-*.。+*。:*。:-*.。+*。:

 

************ 
ツアー詳細・お申込はこちらからpc
E604南部アフリカ感動体験10日間

************ 
 

アフリカ行きのツアーをお探しの方はこちらから
アフリカ行きの航空券をお探しの方はこちらから
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。
月別バックナンバー
現地情報一覧

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

南部アフリカ感動体験10日間 現地視察レポート【後編】|アフリカ海外現地情報ブログ|阪急交通社