クルーズ体験記ブログ

|阪急交通社

クルーズ体験記ブログ

プリンセス・クルーズ

2016年11月 8日

ダイヤモンド・プリンセス日本発着クルーズ 釜山と名古屋の旅

阪急交通社の小池です。
この度2016年8月20日~24日で、日本発着ダイヤモンド・プリンセスに乗船してまいりました。
今、日本発着で一番人気のクルーズ船と言っても過言でないダイヤモンド・プリンセスの魅力を、
少しでも皆様にお伝えできればと思います。
 

diamond_sending3.jpg

 

さて、日本発着のクルーズなので日本人が大半と思っていらっしゃる方も多いと思いますが
今回のクルーズは日本人をはじめアジア諸国のお客様が約1,600人、欧米人約1,300人
合計約2,900人が乗船。まるで海外クルーズのような華やかな雰囲気です。


1_888.JPG
 

今回の行程は、鹿児島⇒釜山⇒(終日航海)⇒名古屋⇒横浜の5日間です!
 

今回は鹿児島マリンポートからの出港となりました。
鹿児島市内からは車で20分程ですが、鹿児島の中心部・天文館から無料シャトルが運行されておりとても便利です。
シャトルがマリンポートに近づくと…目前にどっど~んとダイヤモンド・プリンセスのお目見えです。
そしてお船からは鹿児島のシンボル・桜島が前方に!絶景の港です。


 

4_827.JPG

 

夕方の出港でしたので出港すると、早速夕食タイム!
前菜・スープ・メイン・パスタ・デザートまで、お好きなものをお好きなだけお召し上がりいただけます。

メインダイニングの夕食には世界的に活躍し米国で数多くの人気料理番組にも出演するカーティス・ストーン氏の
特別メニューが登場し、お腹も心も満腹。幸せいっぱいの時間です。
どれも美味しそうで、メニューを選ぶのに一苦労しました!
 

6_898.JPG8_951.JPG7_1089.JPGのサムネール画像

 

そしてデザートはザ・リッツカールトンホテルの前エグゼクティブペストリーシェフで
多数の受賞歴を誇るノーマン・ラブ氏のチョコレートジャーニーに舌鼓。
甘さが控えめなのに濃厚なチョコレートの味がすごく上品でとても美味しかったです。
盛りつけもお洒落で見た目も楽しませてくれます。
 

8A_903.JPGのサムネール画像8B_958.JPG8A_903.JPG 8A_903.JPGのサムネール画像

8A_903.JPG8B_958.JPGのサムネール画像

 

夕食後は、メーンシアターでのショーはもちろんディスコタイム、
カジノ、ロビーでのクラシック生演奏、ショッピングや絵画のオークションなど夜の時間を思いおもいに過ごします。
クルーズはご家族やお友達同士で乗船され、それぞれ趣味や好みが違っても、好きなイベントに参加し、
それぞれの時間を楽しむことができるのが魅力ですね。
 

9_963.JPG14_1044.JPG

 

また日本人にはお風呂は欠かせません!

ダイヤモンド・プリンセスにはクルーズ船に珍しい大浴場「泉の湯」があります。
航跡を眺めながらの入浴はお船ならではの景色で癒されます。
特に夕焼けを眺めながらの時間帯が大人気ですので、ぜひ早目に予約をして一度お試しくださいね。

15_867.JPG18_940.JPG

 

 

 

 

いよいよ釜山に入港です!

港から南浦洞エリア(チャガルチ、国際市場周辺まで)へは無料シャトルが運行され20分ほどで到着します。
シャトルバス下車場所周辺は活気あふれる釜山の街並みが広がっています!
そして食の街がお出迎えです。現地で味わう韓牛カルビは最高です!
寄港地では観光はもちろん寄港地ならではの食を思う存分楽しむことをお勧めします。
 

19_935.JPG20_933.JPG

 

名古屋でも最寄りの金城ふ頭駅まで無料シャトルが運行されます。(所要時間約5分)
金城ふ頭駅の直ぐ横にはリニア鉄道館があります。電車に興味のない私でも、間近で見る鉄道に大興奮!
鉄道好きな方ならきっと1日いても飽きませんよ!
 

22_1140.JPG23_1150.JPG

 

そして、ちょっと足をのばせば名古屋城へも。金の鯱ほこがピカピカで眩しかったです。
 

 

25_1137.JPG24_1131.JPG

 

日本発着のダイヤモンド・プリンセスは、日本はもちろん必ず1箇所は海外に寄港します。
日本も海外も観光でき船内では日本にいながら海外の雰囲気も楽しめる
とても欲張りな旅がお楽しみ頂けます。
私の一押しのお船ですので、ぜひ一度ダイヤモンド・プリンセスにご乗船ください。

 

【皆様のクルーズ体験談をお聞かせください!】
hankyu-cruisefan@hei.hankyu.co.jp

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

クルーズ体験記ブログ|阪急交通社