クルーズ体験記ブログ

|阪急交通社

クルーズ体験記ブログ
2016年11月 2日

<後編>行ってきました!水上バンガローに泊まるロマンティックタヒチクルーズ

こんにちは。阪急交通社 クルーズチームの渡辺です。
引き続きタヒチの楽園をめぐる、ポールゴーギャンの旅をご紹介します!

 

《Day 4 & Day5》ボラボラ島の休日…。

ボラボラ島は停泊をするので2日間たっぷり過ごせます!

***** ボラボラ島水上バンガロー宿泊プラン(別料金) *****
オプショナルツアー(別料金)で、ボラボラ島にあるリゾートの
水上バンガローに1泊することも可能です。
『インターコンチネンタル・ボラボラ・リゾート&タラソ・スパ』
生憎、雨模様で通常より海の透明度が低いですが、
それでもオテマヌ山を望むラグーンに並ぶ水上バンガローは圧巻です。
バンガローに届けられるカヌーブレックファストは、特別感満載。
お願いをすれば、そのままカヌーにも乗せてもらえます♪


21.jpg22.jpg23.jpg

 

***** ショアエクスカーション(別料金) ボラボラ島内観光 *****
船が停泊しているバイタペの港から島内観光へ。
車窓で眺める海は実際の色とは思えないほど鮮やかで見事でした。
家々には必ずといっていいほど、カヌーやボートが。
庭先から目が合うと、笑顔で手を振ってくれる
タヒチの島人のフレンドリーさにほっこりさせられます。
 

25.jpg27.jpg

 

手染めパレオの実演では、恐らくパレオ作り何十年のベテランさんでしょうか。
さささっと3秒ほどで色づけすると白い布があっという間にカラフルなパレオに。
この上に、模様の置石をして、乾かすとパレオの完成です!
 

28.jpg29.jpg

 

島内観光から戻っても、まだまだ時間はたっぷり。
船に戻って、ランチ後は、ボラボラ島のモツへ。
 

30.jpg


停泊している『ポール・ゴーギャン』とオテマヌ山が望めます。
シュノーケリングをすると大小様々な魚たちが。時間も忘れてひたすら潜り続けられます。
運良く、なんと野生のエイも見られました!!
他の乗客とペタンク(フランスのボール遊び)など、言葉のいらない遊びで交流も♪


32.jpg

 

 

 

さて、今回乗船したラグジュアリー船ですが、リゾートクルーズならではの、フレンドリーさがあり、
気取らない雰囲気で楽しめます♪
39.jpg

 

オールインクルーシブなので、お食事はもちろん、
アルコールを含む飲み物も全て無料!
海からの気持ちいい風にあたりながら気軽にブッフェで朝食やランチを取ったり、
夜はメインダイニングでのコースメニューを堪能できます。
ミシュラン星付きレストラン「アピシウス」のシェフ監修のメニューが提供される
「ラ・ベランダ」(無料・予約制)は、絶対に行ってほしいダイニングです♪


40.jpg43.jpg

 

船内イベントは、レ・ゴギンズ(船のタヒチアンのスタッフ)や、
各島々の島人によるポリネシアンショー、パレオの巻き方教室や、タトゥー体験、
ダンス教室などがあり、ポリネシアン文化に触れることができます。
ポリネシアンナイトでは、花冠や花腕輪、レイを身につけた乗客で溢れ盛り上がっていました!


47.jpg50.jpg

 

船から見える景色が刻々と変わるのも船旅ならではの楽しみです。
ボラボラ島に沈む夕日や、モーレア島の星空などどの時間を切り取っても絶景が目の前に広がります!


54.jpg56.jpg

 

ご紹介した内容は、タヒチクルーズの過ごし方の一例で、
乗客それぞれ異なる過ごし方をされています。
ショアエクスカーションで、遺跡観光・エイやドルフィンウッォチング・
海中散歩やグラスボードでの海底観察に参加し、アクティブに満喫される方。
デッキでプールや風景を楽しみながら、ゆったりされる方。
過ごし方は様々で、どの世代の方も楽しめるクルーズだと思います。
豊かな自然と独特な時間の流れに身を任せたこのクルーズで、
ゴーギャンが魅せられたタヒチに、私もすっかり魅了されました。
是非、この絶景を、このゆったりした時間を、体験しにお出かけください♪

 

掲載撮影者:渡辺

 

【皆様のクルーズ体験談をお聞かせください!】
hankyu-cruisefan@hei.hankyu.co.jp

↓↓↓ポール・ゴーギャンで巡る ロマンティックタヒチクルーズはこちら↓↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_i.php?p_course_id=PL910&p_hei=30

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

クルーズ体験記ブログ|阪急交通社