クルーズ体験記ブログ

|阪急交通社

クルーズ体験記ブログ
2016年9月13日

<前編>美食と絵画の風景をめぐるフランスリバークルーズ試乗記

阪急交通社クルーズ担当の白石です。
近年新規就航船が増え、人気が高まっているリバークルーズ!

かつてのヨーロッパでは移動の大動脈が河川、その河川に面して街が点在しています。
流れゆく田園風景を楽しみながら、次の街へ移動するのが素晴らしいと話題のコースに
試乗をしてまいりましたので魅力をレポートいたします!

 

1_IMG_0536.JPG

 

パリのシャルルドゴール空港からノルマンディ地方の港町オンフルールへ。
印象派の画家に描かれた明るい街並みが素敵です。
 


4_IMG_0523.JPG2_IMG_0859.JPG

 

どこを見ても絵になるオンフルールの旧港から徒歩5分、
クロワジ・ヨーロッパ社の「セーヌ・プリンセス」に乗船し、船旅がはじまります。

クロワジ・ヨーロッパはフランス・アルザス地方のストラスブールに本拠を置き、
30隻以上を有するヨーロッパ第二位のリバークルーズ会社です。

 


*************<セーヌ・プリンセス>*************
運航会社:クロワジ・ヨーロッパ(Croisi Europe)
全長:110m 全幅:11m
乗客数:138名(客室数68室) 乗組員数:37名
就航年:2002年
**************************************************

 

前編では船内生活の様子をご紹介いたします!
リバークルーズの魅力は何といってもこの心地よいグループ感覚に秘密が。
満船でも138名と混雑もせず、国籍も老若男女関係ないファミリー感覚で
のんびりと旅をできるのが人気の秘訣です!
 

 

さて、ギャングウェイを抜けていよいよ乗船。大型船のような混雑もなくスムーズです。

乗船してすぐこじんまりとしたロビーとフロントがあります。
船に戻ればカギをもらい、出かけるときは鍵を預けます。
スタッフとあいさつからコミュニケーションできる距離感は旅館のようですね。

 

7_IMG_0872.JPG

 

お部屋はこんな感じです。フロアによって眺めは少し異なりますが
どのお部屋もゆったりとした造りと広い窓が特徴的ですね。
 

8_IMG_0494.JPG9_IMG_0495.JPG

 

ひとつ上がって、3階のオープンデッキはこんな感じです。
晴れた日はデッキから中世の街並みを眺め、のんびり過ごす・・・なんて贅沢!
 

12_IMG_0781.JPG


部屋とレストランに次いで過ごす時間が多いのが2階前方にあるラウンジ
クロワジ・ヨーロッパの船は船内の飲み物が全て無料の
オールインクルーシブスタイルとなっています!

ラウンジでもデッキでもレストランでもお好きな時にお好きなものを選ぶことが出来ます。
ワインなら赤・白・ロゼ・スパークリング、生ビール、ウィスキー、
ブランデー、コーヒーや紅茶、ジュース類と幅広いラインナップです。
 

14_IMG_0509.JPG

 

19:30になりましたのでダイニングへ。
入れ替えなしの一回制なので、ちょうどよい時間に食べることができます。
オールインクルーシブのため、ワインもお水も用意されています!
 

そして、お楽しみの料理ですが前菜、メイン、デザートとコース仕立てになっています。
本日の前菜はクラムチャウダーが入ったパイ、メインはチーズのソースが絡まったチキン、赤ワインが進みます。
ワインも食事に合わせてフランスワインがセレクトされていてワイン好きにたまりません!
 

17_IMG_0554.JPG18_IMG_0556.JPG

 

食後にノルマンディ名産のカマンベールとデザートにアップルパイを。 
グルメ大国フランスでの地産地消、ますますワインが進みます
 

19_IMG_0557.JPG20_IMG_0559.JPG

 

美食大国フランス!船からの眺望とあいまってまるで
現地で暮らしているような感覚で楽しむことができました。

さて、船はセーヌの河口へ進みます。
次回<後編>では実際に乗船した航路と寄港地を合わせてご紹介いたします!
ぜひそちらもお楽しみください!乞うご期待です!

 

掲載撮影者:白石

 

【皆様のクルーズ体験談をお聞かせください!】
hankyu-cruisefan@hei.hankyu.co.jp

トラックバック
この記事へのトラックバックURL



トラックバック(TrackBack)について
この記事に対してリンクしました、ということを相手に自動的に通知する仕組みで、ブログ(Blog)の機能のひとつです。相手側もトラックバックを確認することでそのリンク先を知ることができます。
なお、このサイトでは、【Movable Type】というウェブログツールを使用しております。

TrackBack先の記事の閲覧に関して
※   トラックバック一覧に掲載されているブログなどのサイトに関しては、阪急交通社管理・管轄外のページになります。
したがって、阪急交通社が保証する内容ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※   トラックバック一覧に掲載されているリンクに関して、阪急交通社管理者の判断により削除する場合もあります。
※   トラックバックの不具合に関して、阪急交通社では、スパム対策を講じております。
そのため、一部のブログやサービスによってはトラックバックが出来ない場合もありますが、予めご了承ください。
※   弊社へのトラックバックについては、必ず、該当記事へのリンクをお願いします。
リンクがない場合には、「HTTP error: 403 Throttled」として、トラックバックが張り付かない仕組みになっております。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

クルーズ体験記ブログ|阪急交通社